用語説明

ヒーラー
 精神的に痛み、苦痛、歪みを抱えた人を言霊で癒し、安らぎや安心感を与える人。


スピリチュアル
 目で見ることのできない精神世界をいい、その世界にアクセスしつつ情報を得ます。 第六感、霊能力などの力の事です。


セッション
  一般にカウンセリングという言葉を使いますが、ヒーラーのスピリチュアルな力とクライアントの心の力を共鳴させ、癒しや幸せ、自己の成長を促します。


インナーチャイルド
  誰の心の中にでもいる小さな頃の自分です。幼少期の心の傷、不安感、怒 り、悲しみなどの感情を大人になった今も心に抱えています。


グリーフケア
  大切な人を亡くした時、死別の悲しみに寄り添い見守ってゆく支援を言います。 自分を大切にしながら嘆き悲しむことができるよう、目の前の現実に一歩を踏み出してゆこうという気持ちになれるようなお手伝いをします。


占いとの違い
  占いとは様々な方法で、目に見えない運勢や未来などを判断するものです。 ヒーラーはこの人はこういうタイプなどとグループ分けをしたりせず、一人ずつの心のタイプはみんな違うので、何かに当てはめたりではなく、心の状態を癒していきます。 手法はヒーラーによって違います。